即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新入社員との付き合い方 » 離職させない叱り方

離職させない叱り方

新入社員を離職させないための、上手な部下の叱り方を紹介します。

部下を必要以上に落ち込ませない上手な叱り方とは

上司イメージ叱られ慣れていないゆとり世代は、怒りをぶつけられると辛くなってしまったり、浴びせられた言葉を真に受けて離職してしまうケースが多くあります。

昔は、 叱った先に、反骨精神によるやる気の向上もありましたが、そういった新人はほとんど期待できず、うまく叱らないとやめてしまうというケースが大半を占めて います。

部下を離職させないための叱るポイント

近年問題となっている新入社員の離職。不必要な離職を避けるための上手な部下の叱り方とはどんなものでしょうか。

知っていることを破ったとき(ルールなど)

社内ルールなど、絶対に破ってはいけない規律があります。これを理解していて破ったときは、徹底的に叱ります。

法律を破って罰せられるように、会社のルールに従えない場合は、甘くしてしまうと後々会社にとって大損害となる行動をとってしまう危険性もあります。

ミスや失敗

仕事上でミスをすることは誰にでもあります。悪気なく言ってしまったことで取引先を怒らせたり、発注ミスをしてしまうようなことは、新人の頃誰でも一度は経験することです。

こういう場合は、原因がどこにあるのか、今後どうしたら改善されるのかを一緒に考えてあげましょう。

プライドが高い人

プライドが高い人には、否定的な言葉を浴びせると、予想以上の反撃をうける場合がありますし、注意した言葉を受け入れようとはしません。

あくまで「君はできるんだから」という言葉をにおわせて、「君らしくないね」と伝えます。

指示がないと動けない人

自分で考えられるように、質問を重ねていきます。自分自身でなぜミスをしたのか、どうしたら同じことはしないで済むのかを考える力を養わせます。

でないと、ずっと同じ過ちを繰り返し、それを人のせいにするクセがついてしまいます。

NGな叱り方

それでは、どういった叱り方がいけないのでしょうか?

怒鳴り散らす

叱るというのは、怒るとは違います。感情をぶつけてしまうのではなく、成長させるために冷静にアドバイスするのが叱ることです。だからこそ、叱るのには愛情が必要だと言われるのです。

人格を否定する

部下を叱る上司イメージ

よく言ってしまいがちなのが、「だから君はダメなんだよ」や「その性格なんとかしたら?」などという言葉。これは、行動ではなく、その人自身を否定する言葉です。

どんな性格の部下だったからと言って、人格を否定してしまうとやる気も起きませんし、自分の人格を認めてくれない人のもとでは働きたくなくなってしまいます。

叱るのはその人の「行動」に対してです。どの「行動」に対して叱っているのかをきちんと伝えましょう。

人と比較する

人生の中で一度は経験する「○○さんはよくできるのに…」などという、他人と比較された言葉。これは、とても傷つきます。人それぞれ得意不得意がありますから、人と比べるのではなく、その人自身の行動をきちんと叱ってあげましょう。

ただし、傷つけないように中途半端に叱ったり、叱るのをやめてはいけません。そうした態度を続けると、上司を軽くみるようになり、仕事を適当に行って生産性が落ちたり、ちゃんとやっていない人が放置されることで職場の雰囲気も悪化していきます。結果、人はうまく育っていかず、その企業の未来は暗くなってしまいます。

叱る前に考えること

それでは、叱るにあたって、どのようなことを考えたらいいのでしょうか。

キレない

まずは感情をそのままぶつけるようなキレる態度は絶対にNGです。その失敗から受ける自分への悪影響が大きければ大きいほど頭にくるかと思いますが、まずは大きく一呼吸。落ち着くことが大切です。自分の感情はメモにでも書きなぐって忘れましょう。もちろん、そのメモはすぐシュレッダーに。

責任はどこにあるのか

その人だけの責任による失敗なのか、連帯責任はないのか、コミュニケーション不足などによるものではないかと、きちんと原因を突き詰めて責任がどこにあるかを考えます。これにより、部下への共感が生まれます。

成長する糧となるか

凡ミスとよく言いますが、ただボーッと仕事をしてしまったことによるミスなのか、この失敗により成長し、次の成功につながるものなのかによって叱り方は変わります。

自分の行動はどうか

親の背中を見て子は育つと言いますが、部下も上司の背中をよく見ています。自分自身も同じようなことをしていないか、振り返りましょう。

軸はあるか

叱ることに対しての軸がブレていると、「前はこうして怒られて、だから工夫してみたのにそれでも怒られる…」なんてことになりかねません。信頼に関わりますので、軸はしっかりと持っておきましょう。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ