即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新入社員との付き合い方 » 最近の新人の傾向

最近の新人の傾向

今年の新人は何型?近年の傾向をまとめました。

最近の新人の型

近年の新人はゆとり世代と言われ、安定志向の傾向があります。自分から進んで独立しようという考えは少なく、新人で入った会社でずっと働いていたいという気持ちが強い特徴があります。

この特徴に共通するように、意見を求められても積極的に声をあげる人は少なく、周りの状況を見て必死に空気を読もうとするのです。

挫折した新入社員上司や先輩から聞こえる最近の新人の特徴には、「メンタルが弱い」「受け身」「向上心がない」などという、残念ながらマイナスの言葉が多いです。叱られ慣れていないため、注意されると極端に落ち込んだり、こう言われるのではないかということを恐れて質問や相談さえしないというのです。

また、よくよく調査すると見えてくるのは、できるだけ周りとの関係をもたずに自己解決しようとしていること。物心がついたときからメールやゲームを介してコミュニケーションを取っている世代でもあることから、他人とのコミュニケーションが不得意なため、出来る限り自己完結しようとしているのです。

しかし、他の場面ではそれで済んでいたかもしれませんが、当然仕事を行うに当たって自己完結ではいけません。コミュニケーションは、仕事において非常に重要なツールになるのです。

とは言え、最近の新人は悪いことばかりというわけではなく、とても真面目で、言われたことはきっちり行えるという面もあります。指示したことに関しては、想像以上の出来栄えだったりします。

企業としては、従来の指導法から変更するのは非常に面倒で大変なことですが、指導法ひとつで、離職率が上がったり下がったりするのですから、根本的に考え直す必要がありそうです。

どのように指導すれば良いのか

それでは、最近の新人にはどのように指導したらいいのでしょうか?

大切なのは様々なことに気付かせてあげることです。最近の新人は積極性や仕事への意欲に欠けている傾向が強いので、自分から行動したり、気付くということが苦手な傾向にあります。

そのため、ひとつひとつを一緒に確認し、気付きを得ることで、次のステップにあがっていくのです。

自分の確認

まずは、いかに自分が学生気分なのかということを気付かせ、どうしたらいいのか、社会人とは何か、意識をどう変えればいいのかを教えていきます。

自社や社会の確認

ワークショップなどを利用して考える力を育てるとともに、自社の理念や現状・目標などを確認し、プロとして覚醒させていきます。

やるべきことの確認

全てに納得・理解をさせ、意欲が盛り上げるようにします。自分の立ち位置や役割を認識し、自信を持たせるとともに、これからどうあるべきか、未来を創造し、期待を膨らませます。

こども扱いはすべきではありませんが、こどもじゃないんだからと突き放すこともいけません。頭ごなしに怒るのではなく、ひとつずつ納得させてあげる必要があるのです。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ