即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新入社員との付き合い方 » より良い人材を育てるために

より良い人材を育てるために

新入社員教育のよりよい方法を紹介しています。

新入社員のモアベターな教育方法

新社会人の教育に一番大切なことは、「社会人としての価値観・仕事の意味」を学ばせることです。個性を重視して育てられてきたゆとり世代は、社会人としての常識に欠ける場合が多くあります。

本人たちからすれば、「教わってない・知らない」ことかもしれませんが、それは社会では通じません。そのため、基礎の基礎になってしまいますが、この価値観を染み込ませておくかどうかで、その後の意識が随分変わります。

次に行うことは、「受動的でなく、能動的に思考するクセ」をつけることです。近年の新社会人の特徴は、指示がないと動けなかったり、何らかの指示を受けた際の解決方法を自分で考えず、ネットで探したりする傾向にあります。

これは全て「受け身」な仕事の仕方と言えます。自分自身の考えを持てるよう、能動的な思考力を育てる必要があります。

そして、「小さな成功を積み重ねさせる」こと。若い世代は意欲がないわけではありません。むしろ自分が成長することには貪欲です。

しかし、「成功したい」という気持ちばかり強すぎて、それがうまく自分の中で形になっていないことが多くあります。そのため、うまくいくと思っていたけれど、なんかうまくいかない、成功できないという焦りから、マイナス思考の転職につながることも多々あるそうです。

そのため、小さな成功を経験させることで、自信をもたせ、自分は一歩一歩成功に近づいているのだと言う実感を持たせるとともに、具体的に成功とはどういうことをいうのか、その未来を一緒に形付けてあげます。そのくらい、積極的に新人に関わることが重要です。

また、「友好的なコミュニケーションによって連帯感をつくる」ことも大切です。彼らには彼らなりのコミュニケーション方法があります。それらを頭ごなしに否定せずに認め、自分から一歩近づくことで、新人を理解しようとしている、認めているということを伝えます。それにより、心を開いてくれる可能性が高くなり、連帯感が生まれ、生産性も上がると期待できます。

最後に、「表現力を鍛える」ことが必要です。まずは学ぶことが重要ですが、そこから自分自身で考え、表現しなければビジネス力とは言えません。仕事におけるコミュニケーションをとるには、表現力をしっかり鍛えなければいけないのです。

新社会人に学ばせることはたくさんありますが、そういったことを詰め込んでいっても理解できません。

ひとつひとつの課題にじっくりと向き合い、クリアしていく必要があります。そのために長期的な育成計画を立て、ゆっくり育てることが全ての前提となります。

ただし、企業は利益を求めなければならず、時間とお金をかけて悠長に人材を育てるわけにはいかないと考える方もいるかと思います。

そのため、思考や価値観に関しては、最初に教え込むことで後の育成が楽になります。何年もかけて育てるとなると現場にも負担がかかります。最初に研修で一気に思考力を変換させましょう。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ