即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新人研修の種類 » 新入社員研修

新入社員研修

企業が新入社員研修を行う目的やメリットを紹介します。

新入社員研修の目的やメリット

新入社員研修とは、その名の通り、新入社員に対して行われる研修のことを言います。学生が入社後に社会人としての意識を持ち、業務を遂行するために重要となるマナーや知識、スキルなどを身に着けさせる目的で行われます。

だいたい1ヵ月~3ヵ月ほどの期間をかけて研修を行う企業が多く、中には数年かけて徹底して教え込むところもあるようです。

大手の場合は、こういった研修の制度はしっかりできており、施設などの環境も整っているところが多いですが、そうでない場合は、外部に頼むことが増えていると言います。

外部に委託するメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 学生のニーズを徹底して調べて最新のプログラムなどを導入してくれる
  • なかなか自社では難しいところまでカバーしてくれる
  • 幅広い知識やマナーを身に付けることができる
  • 改めて自社の研修を見直すことができる
  • 新入社員のモチベーションや同期意識を高めることができる

などがあります。もちろん、自社の研修も行っていただき、それと併せて外部研修をうまく利用することで、そのメリットは2倍にも3倍にもなるかと思います。

新入社員に求められるスキルやマナー

新入社員の研修の目的は、社会人としての意識を芽生えさせ、責任感や心構えを持たせることにあると同時に、離職率を減らすためにもしっかりと会社や仕事に対しての知識をつけさせる必要があります。

では、具体的に、新入社員にはどのようなスキルやマナーが期待されているのでしょうか。

電話応対

顔の見えない電話応対は最初は緊張してしまうもの。経験を重ねないとなかなか緊張もとれません。

だからこそ、積極的に取ってほしいのですが、礼儀知らずの態度や言葉遣いで対応されると冷や汗ものです。そのため、基礎的な応対術は学んでほしいようです。

謙虚な態度

学生と社会人では全く違います。学生時代にちょっと成績が良く、チヤホヤされていると社会人になってからもそれが抜けず、傲慢で偉そうな新入社員となってしまいます。

まだまだ何もできないということをしっかり自覚するとともに、アドバイスやお叱りは素直に聞く姿勢が必要です。

積極的な行動

電話応対でもそうですが、指示しないと何もしない新入社員は本当に困ってしまいます。ある意味、「指示すればできる」のですから素直と言えなくもありません。

しかし、そんな仕事であれば、コンピューターの方が得意です。人がひとり働いているわけですから、自分の考えを持って、今自分ができることややるべきことなどを常に考え、行動に起こせるようにしておくと良いでしょう。

会社や仕事の話はしない

学生時代のノリで、友人についつい上司のこと、取引先のこと、業務のことを話してしまいがちです。

しかし、会社のことは漏らさないようにしなければいけません。

場合によっては、賠償問題に発展する危険性もあるのですから、口が堅いというのも社会人として重要なスキルと言えます。

コミュニケーション力

笑顔と人との対話力は、どんな仕事においても必要となります。営業で外に出る機会がないとしても、社内での連携を考えるとコミュニケーション力は社内でも必要となります。

これがあれば、先輩にも愛され、うまく助けてもらえたり、仕事を回してもらえることもありますから、欠かせないスキルです。

社内の環境を知る

スキルやマナーとちょっとズレるかもしれませんが、会社のことをよく知るという意味でも、社内にどんな人がいてどんな仕事をしているのか、どこに何があるのか、などを詳しく知ることも必要です。

そういったことを意識していると、人が気付かないけれどやった方が良い業務というのも見えてくるものです。

いろいろと挙げましたが、新入社員にとって一番必要なものは「素直さ」です。言われたことをしっかり噛み砕いて素直に飲み込み、自分のものにすることが必要とされる社会人になる一番の近道なのです。

新入社員研修で得られる成長

会社で働くためのスキルやマナーを身に付ける新入社員研修ですが、受けると具体的にどんな成長ができるのか紹介します。

マナーを学ぶことの目的は相手との関係を円滑にし、失礼のない行動をするためです。研修を受けた後はただマニュアル通りの行動をするのではなく、相手の気持ちを汲んだ行動ができるようになります。

その他、学んだことをただ知識として吸収するのではなく実践で生かせるよう行動の必要性を考え、仕事で必要になる基本的な行動を繰り返し体に覚えさせます。

他にも、自分だけではなかなか気付かないような自分の癖や行動を知ることも可能です。新入社員研修では、自分がしっかり社会人としての行動ができているか確認してもらいながら学びます。そのため、ひとりだけではわからなかった点にも気付き、改善や成長することができるのです。

新入社員研修を行うリーダーとして心に留めておきたい心構え

新入社員研修でリーダーを任された場合、研修をより良いものにするための心構えがあります。予めきちんと把握しておき、研修を成功させましょう。

その1:自分も新入社員と一緒に成長する良い機会だと捉える

毎日同じ業務を繰り返していると、それに慣れてしまってついつい新しい方法を試そうとせず惰性で仕事をこなしてしまうことがあります。当たり前になった仕事をそのまま繰り返していると、改善点があってもなかなか気づきにくいものです。

新入社員研修では、どうしてこの仕事を行うのかという根本からきちんと見つめ直して教えていくことになるため、改めてその仕事の意義を考え、より効率的な仕事の進め方に気付くことができます。

また、仕事に慣れていない新入社員からの質問や意見に耳を傾けることで新しい発見があることも多いです。

その2:ニーズに合った研修内容を考える

去年行った研修の評判が良かったからといって、今年も同じ内容で行ってはいけません。

良かった点を生かすことも大切ですが、毎年ニーズが変わるため今年の新入社員にとってもそれが良い研修になるとは限らないからです。そのため、現場ではどんなことを求められているのか、しっかりリサーチした上で研修に取り入れましょう。

マニュアルをこなしていると満足のいく仕事ができると考える新入社員も多くいますが、実際の仕事ではマニュアルにはないニーズに合った行動を求められることが多いです。

新入社員自身が「何を求められているのか」「何をすべきなのか」を考えられる力が付く研修を行うことが大切です。

その3:人脈を作る手伝いをしてあげる

研修は、人事や教育担当だけが行うのではなく会社全体として取り組むことで、会社でのやりがいをより実感することができます。

その他、やりがいを感じるには多くの社員とコミュニケーションを取り、人脈を広げるということも大きく関わっています。ですから、研修の際には新入社員同士だけではなく、他の部署ともコミュニケーションを取り人脈が築けるような環境を作ってあげましょう。

色々な先輩の仕事ぶりを見ることによって新入社員の視野が広がり、幅広い仕事ができる社員として育てることができます。

その4:必要なスキルを取り入れた研修を行う

新入社員研修を行う上では、社会人・会社の一員として自覚を持たせることだけではなく、即戦力になれるよう育てることが大切です。

マニュアル通りの研修を行っても、実際に現場で必要とされるレベルでないと即戦力として使うことはできないのです。例えば、エクセルやワード、ビジネス文書などの研修を行っておくと良いでしょう。

基礎的な能力があれば即戦力になりますし、現場にも早く慣れることができます。現場で必要なスキルがきちんと身に付いている新入社員は上司に褒められる機会も多いため、自信を持って良い仕事をしてくれるはずです。

研修内容を考えるときには、事前に現場の部長に必要なスキルについて聞いておき、一緒に考えるようにしましょう。

ちょっと変わった新入社員研修

新入社員研修ではマニュアルにはまらず会社のニーズに合わせた内容を行うことが大切です。ここでは、型破りで一風変わった研修内容についていくつか紹介します。

竹とんぼ作り

電気機器メーカーで行われている新入社員研修で、3.5秒以上滞空できる竹とんぼを作るというものです。実際にそれを商品として開発するときのことを想定し、企画書など実践と同じものを使って研修を行います。

製品を開発するときの流れや付加価値の付け方などを学び、より実践的なスキルを身に付けることができます。

体力勝負

体力勝負の新入社員研修を行う企業も少なくありません。例えば、山奥で2週間穴を掘り続けるというものや、自衛隊に行って隊員と同じ訓練や生活を行うという研修があります。

こうした研修で得られるスキルは、直接仕事に結びつくものではありませんが、単に体力だけではなく、きびきびした行動やルールをしっかり守るということなど、社会人に求められるスキルが身に付きます。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ