即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新人研修の種類 » 内定者研修

内定者研修

企業が内定者を対象に行う研修の目的についてまとめています。

内定者研修の目的

そもそも、内定者研修の目的とはなんでしょうか?

近年、少子化と団塊世代の定年退職によって、企業間での採用競争が厳しくなっています。とは言え、企業側も数を揃えれば良いと考えてはおらず、出来る限り優秀な人材を数多く集めたいと考えているのです。そのため、優秀な人材を多くの企業で奪い合うことになってしまっています。

一方、優秀な人材はと言うと、多くの企業の採用試験を受け、たくさんの内定をもらったうえで、自分の行くべき企業を選びます。

早いところでは、3~4月あたりには内定を出すため、1年後まで実際には仕事は始まりません。そのため、その期間に優秀な学生が他企業に流れてしまうことも多いにありえます。そこで必要となるのが、内定者フォローなのです。

内定者フォローにもいろいろと方法がありますが、SNSを利用したり、ミーティングや食事会を行うことでコミュニケーションを積み重ねることに加え、多くの企業が行っているのが「内定者研修」です。

内定者研修はどういうことを行うかと言うと、ビジネスマナーを教えたり、同期同士の親睦を深めてもらったり、会社への帰属意識を高めるため、親睦会やグループワークなどを行うのが一般的です。

ただ、近年はそういった人員を割いたり、時間をつくったりすることが難しい企業が増え、やらなければ良い人材は確保できない現実に直面しながらもなかなか実行するのは難しいのが実情です。そのため、様々なツールを利用して必死にフォローしようと努力する企業が増えています。

学生側からしても、企業に願う内定者フォローは、食事会や懇親会だけでなく、勉強会などの知識を深める会も受けたいと考えているようです。

なぜなら、内定者は「会社のことを知りたい」「仕事についていけるのか」「会社での人間関係は大丈夫か」といったことを不安に感じているため、それを補い自信に変えてくれるフォローを願っているのです。

そういった自信が、入社後の期待を高めるきっかけになるため、企業としても欠かせないのは言うまでもありません。

内定者に必要とされるスキル

では、内定者に覚えておいてほしいスキルやマナーはどのようなものでしょうか。

内定者は企業の一員になるという意識や誇り、責任感が必要です。とは言え、学生に社会人としての振る舞いをつけさせようというのは無理な話。

では、内定者に望むものとはなにかと言うと、会社の知識や業務に必要となる知識、法律、資格、語学などです。

また、マナーとしては、大人としての最低限の礼儀などは身に着けたいものです。例えば、身だしなみや人に好感をもたれる笑顔、挨拶、コミュニケーション力、言葉遣いなどです。大人として人に不快感を与えない態度を取れるようにしておきたいものです。

他には、学生はたくさん時間がありますし、多くのことを経験することも大切です。旅行や業務に関連したところでバイトをしてみるなど、積極的に多くのことを経験し、視野を広くしたり、知識を増やすことも大切です。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ