即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新人研修の種類 » コミュニケーション研修

コミュニケーション研修

新人教育として、コミュニケーション研修をする企業も多いです。ちなみに新人だけでなく、部下とのコミュニケーションに悩む上司にも、この研修は価値があるものといえます。

コミュニケーション研修のメリット

仕事の多くは、他人と一緒に進めるものです。そのため、自然とコミュニケーションをとる機会も増えていきます。

仕事がうまくいくかどうかは、コミュニケーション次第だ、といっても過言ではありません。

モチベーションの向上

組織は、人が動くことによって機能しています。

この「動く」という部分には、物理的なものだけではなく、言葉による情報の移動も含まれていることに注目です。

人は言葉によって情報の伝達を行います。ひとつひとつの言葉は情報として処理されますが、その間に感情が生まれます。

もちろん良し悪しがありますが、円滑なコミュニケーションがとれていれば、プラスの感情を抱く可能性が高くなるでしょう。

感情が行動に与える影響は大きいです。嬉しい、楽しい、ワクワクするといった感情は仕事へのやりがいにつながり、頑張る動機となります。車でいえばガソリンのようなものです。

このガソリンが尽きずに、互いに補充し合えるような環境作りは、コミュニケーションでしか生み出せません。

イキイキと仕事に取り組むためには、プラスの感情をもつことが重要です。

みながヤル気をもって仕事に取り組めば、必然的にチームワークの向上につながり、仕事の効率化にも影響を与えるでしょう。

人材育成にも不可欠

新人が早いうちからコミュニケーションスキルを身につければ、仕事へのモチベーションを落とさず、成長することができます。

また、「もっと成長したい」という気持ちを抱く可能性も十分にあるのです。

そういう意味でも、人材育成にコミュニケーションは欠かせません。

「部門を問わず、社内にいる人と円滑な人間関係を築く」。そうすれば、仕事にも良い影響を与え、相乗効果を生み出すことができるでしょう。

コミュニケーションの大事な要素とは

仕事を継続して行うためには、相手との信頼関係が重要になります。ここでは、相手の信頼を得るためのコミュニケーションに必要な要素とはなにか、みてみましょう。

コミュニケーションには

  1. 聞く段階
  2. 伝達する段階

の2つの段階があります。

1.聞く段階

コミュニケーションをとるには、まず相手の状況を把握しなければなりません。

相手が困っていることは何か、伝えたいことは何か。相手の表情や声のトーンなどからもわかることがあります。

そして、こちらから適切な質問を投げかけます。相手が言語化できていない悩みや課題を、明確化し共有するつもりで質問することがポイントです。

さらに、明確化された悩みに共感を示すことができれば、より相手は心をひらいてくれます。

この聞く段階をすっとばしてしまうと、信頼関係を築くことはできません。

2.伝達する段階

聞く段階をしっかりふんでいれば、相手にこちらの意見を受け入れてもらいやすくなっています。アドバイスや提案をしてみましょう。

そのアドバイスや提案をきっかけに、相手に新たな気づきがあったり変化のきっかけになったりすることが期待できます。

その際に、具体的な行動計画を一緒につくってみることもおススメです。そうすれば、相手と一緒に課題に向かっていることが伝わり、より信頼関係を強くできるのです。

以上のように、コミュニケーションの2つの段階を丁寧にふむことで、相手との信頼関係は深まります。

主な研修内容

主な研修内容の一例を紹介します。大きく以下の3つのパートからなり、それぞれが講義とワークのセットになっています。

1.コミュニケーションの基礎

コミュニケーションをとる際に障害になることは何か?気をつけるポイントを確認します。

【ワーク】

  • 自分の経験上、コミュニケーションで困ったことを参加者と共有する

2.「きく」とは?

相手の話しやすい環境をつくるため、「きく」ことについて学びます。

  • 「聞く」「聴く」「訊く」の違い
  • 相手が話しやすいリアクションのとり方
  • 質問のコツ

【ワーク】

  • よく使う相づちを書きだす
  • 目的別に質問の仕方を考え実践する

3.「伝える」とは?

正確な伝達ができるために必要なことを学びます。

  • 相手の立場になって話すこと
  • 話す表情や姿勢について
  • トラブルを避ける伝え方

【ワーク】

  • 専門用語を使わず会社紹介をする
  • 部下から上司へ誘いの断りを入れる練習

以上、一般的なコミュニケーション研修の内容を紹介しました。

これはあくまで一例なので各社の研修内容をご確認ください。

なかには俳優を使用して、実践的なシミュレーションをするものや、部下とのコミュニケーションを学びたい管理職向けのプランなど、さまざまな研修があります。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ