即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新人研修の種類

新人研修の種類

企業が新人に行う研修の種類とそれぞれの目的についてまとめています。

新人研修の種類とその目的

ここでは、研修に着目し、内定が決まってからどのような研修があるのかを説明しています。

そもそもみなさんが考える研修とは、多くの人が集まり、同じ施設で一緒に指導を受けることかと思います。そういった研修は、業務を行うにあたり、必要最低限の知識やスキル・マナーを教え込むことを目的としています。なぜなら、絶対に必要なことはまとめて教えた方が、効率が良いからです。

しかし、営業と事務では必要とされる技能に違いがあるように、職種によって身に着けるべきスキルは変わってきます。そういったスキルに関してはOJTと呼ばれる研修を通して、実際に経験をさせながら順次身に着けさせることが最も効率的だと言えます。

そのため、企業は両方の研修を組み合わせて、効率的かつ低コストで能力の高い社員をつくるよう励んでいるのです。

即戦力となる人材育成のために研修目的を考える

ただ新入社員研修を実施するだけでは、会社に適した人材を育むことはできません。

研修を実施する際は目的を考え、目的を達成するために必要な研修を考えることがとても大事です。

研修の目的にはビジネスマナーの習得やマネジメント力の育成、コミュニケーション能力の強化などさまざまな種類があります。

きちんと目的に合わせて研修内容を選んでおくと、新入社員に必要な要素をしっかりと身に着けさせることが可能です。研修にかかる費用や時間も最小限に抑えることができます。

研修で覚えさせるべき項目

電話応対・ビジネス文書

新入社員はまだ社会経験を積んでいないため、身だしなみや電話対応をよく理解していないことが多いです。

そのため研修の際はビジネスマナー研修を実施し、社会人としての適切な対応を新入社員へ教える必要があります。

研修を実施する際はまず基本的な挨拶や電話対応、ビジネス書類の作成方法などを教えるのが最適です。

ビジネスマナーを習得させることで社会人としての自覚が高まり、会社への貢献度もアップします。仕事効率も上がるため、ビジネスの活性化にも有効です。

社会人としての意識

新入社員研修を実施する際は、ビジネスマナーや電話対応だけでなく、企業理念もしっかり落としこんでおく必要があります。

企業理念を新入社員に理解してもらうには、マネジメント層との対話を実施するのが最適です。マネジメント層は研修前に一度相談を行い、わかりやすく企業理念をレクチャーできる研修を考えておきましょう。

研修内容がわかりづらいと、新入社員全員に企業理念を理解させることが難しくなります。

コミュニケーション力

社員で連携して仕事を行う時や、取引先と交渉を行う時は、コミュニケーション力が必要になります。

コミュニケーション力を高めるには、ワークショップ形式の研修を実施するのが最適です。

研修を数回に分けて実施すればトライアンドエラーを活かし、コミュニケーション力を効率良く高めることができます。

研修期間をしっかり把握しながら内容を考えると、研修効果を大幅にアップさせることが可能です。

研修への投資はとても重要

新人研修にかかる費用は現在、社員一人当たり40,354円程となっています。2008年の研修費用は43,524円、2010年は34,633円でした。

研修費用の額がほとんど変動しないのは、研修費が経費削減の対象に入りにくいからです。そのため経済が不況に陥っても、研修費用の額はほぼ一定です。

新人研修は多額の費用がかかりますが、新入社員を優秀な人材へと成長させることができます。新しく社員を採用した際は研修費用に資金を投資し、きちんとした研修が実施できるように対応しましょう。

内定者研修

内定者を確保するため、定期的に連絡をとるなど、関係を密にするとともに、内定者研修を行うことで最低限のビジネスマナーを覚えてもらったり、同期で親睦を深めてもらったり、会社への帰属意識を高めます。

新入社員研修

新入社員に対して行われる研修のことで、入社後に社会人としての意識を持ち、業務を遂行するために重要となるマナーや知識、スキルなどを身に着けさせます。

OJT

普段の業務を通して、上司や先輩が必要な知識やスキル、マナーなどを習得させることで、業務に即した研修となるため、非常に効率の良い方法です。

ファシリテーション研修

会議などにおいてスムーズな進行を促し、素早く結論を出すために必要なスキルを習得します。会議の生産性を向上させる効果が期待できます。

コミュニケーション研修

コミュニケーション能力は、仕事や人間関係を円滑にするために必要不可欠な能力です。そのため、研修を受けてでも身に付けるべきものだといえます。

ロジカルシンキング研修

情報の整理や結論を導き出す力(ロジカルシンキング)は、ビジネス上とても重要なものです。しかし、こうした力はある程度訓練しなければ身に付きません。逆に、研修で訓練すれば、あとからいくらでも身に付けられる技術でもあります。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ