即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新入社員研修に必要なプログラム内容とは » 言葉遣い

言葉遣い

新人研修で言葉遣いについて学ぶ必要性についてまとめています。

新入社員研修の内容:言葉遣い

とあるリサーチによると年代に関わらず、約8割の人が自分の言葉遣いや話し方に自信がないと感じているようです。

なぜなら、同じ内容を伝えるにしても、相手や状況によって正解にも不正解にもなるからです。

例えば、「ご苦労様」という言葉。目下の人に言う場合は正解ですが、目上の人に使うのはNGです。相手によって言葉を変えなければいけないのが、社会人の言葉遣いなのです。

社会人にとって言葉遣いが重要な理由

なぜ、言葉遣いが社会人にとって重要なのでしょうか。それは相手への尊敬の気持ちや心遣いを伝えることができるのが、丁寧で正しい言葉遣いだからです。

それにより、社会人としての信頼感も生まれ、ビジネスも円滑に進めることができるようになります。

「あ、ちょっと待って」と言う人より、「申し訳ございません。少々お待ちいただけますか」という人の方が安心してビジネスを任せられますよね。外見と同じくらい、言葉遣いはその人を表すと言えるのです。

では、ここで、社会人として知っておきたいルールを一部紹介します。

  • 立場は関係なく社外の人には敬語を使う
  • 社内の人間を紹介するときは呼び捨てにする
  • 社内の人との会話や社外の人について話をする時は敬語を使う

正確な言葉遣いを身に着けるために

では、どうやって言葉遣いを身に着けたらいいのか?という点ですが、やはり新入社員のときの研修は非常に重要となります。

なぜなら、まだ真っ新な状態のところにしっかりと正しい言葉遣いを教え込めば、生涯活かすことのできるスキルとなります。

社内研修で行うのもひとつの手ですが、残念ながら教える先輩によって能力の差がでてしまうこともありますし、社内で当たり前として通ってしまっている間違った敬語を身に着けさせてしまうリスクもあります。

そのため、全員のレベルを一定に伸ばしたいのであれば、外部研修が最も適切と言えるかと思います。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ