即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新入社員研修に必要なプログラム内容とは » 意識改革

意識改革

新人研修で意識改革に関するプログラムが必要な理由を説明します。

新入社員研修の内容:意識改革

意識改革とは何か?これは、簡単に言えば、「学生から社会人へマインドチェンジさせること」。企業の規模や業種に関わらず、どの企業もこの意識改革に最も力を入れています。

では、どのような意識が必要となってくるのでしょうか?

社会人にとって、重要となるのは2つの意識です。「顧客意識」、そして「当事者意識」です。

顧客意識

学生の頃のように、自己中心的に考え、振る舞っていては会社に損失を与えるだけの存在となってしまいます。

ビジネスはお客さまがいて、そこから利益を得られてこそ、会社は存続し、自分も会社において存在意義を見出すことができるのだという意識を持ってもらうことが社会人への第一歩なのです。

そのためには、自分がどう見られているかを常に意識する必要があります。

営業において服装や身だしなみ、言葉づかい、マナーなどによって、顧客にどう見えているかという評価は、そのまま営業成績に反映するとも言われています。

だからこそ、近年は男性でもネイルサロンに通う人が増えているくらい、見た目の評価も重要視されているのです。

もちろん、身だしなみなどの外見的なものだけでなく、ビジネスマナーなどによって内面を磨くことも重要です。

新入社員にとって、なぜこんなことをしなければならないのだろう?と思うくらいの基礎的なマナーを徹底的に教え込むことが、実は高い評価の得られる社会人につながると言えるのです。

当事者意識

学生の頃は、「誰かがやってくれるだろう」と思ってしまいがちです。しかし、社会人になってからはこの考えを180度ひっくり返さなければいけません。

社会人は自ら考え、行動しなければいけないからです。今まではくだらないと思っていたことでも、やってみたら何かに気付けるかもしれない、考えが変わるかもしれない、新しいアイデアが生まれるかもしれないのです。

自分が行動すれば会社が変わり、もしかしたら世の中を変えられるようなものを生み出せるかもしれないという意識を持つ必要があります。

そういう意識を持った人だけが、上に立つことができるのです。つまり、経営者のほとんどがそういった意識を持っているのです。

こういった意識改革をするとともに、企業についての理解も同時に進めていくことが必要です。

新入社員の多くが、実際に働いてからギャップを感じるそうで、それにより、早期離職につながってしまいます。

早期離職は、企業にとってもデメリットとなりますので、事前に企業についてしっかりと理解を深めておくことが求められます。

大企業に関しては、研修などの環境も整っているかもしれませんが、多くの中小企業は外部研修を導入しているのが実情です。

意識を浸透させるには、プロの手を借りることが最適で、社会人としての土台を固めておく必要があります。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ