即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 新入社員研修に必要なプログラム内容とは

新入社員研修に必要なプログラム内容とは

新入社員研修のプログラム内容をそれぞれ解説しています。

新入社員研修だからやりたいプログラム

新人社員というのは、真っ新な状態ですし、未来に輝き、いくらでも知識を吸収できるときです。

逆に、この期間の研修を適当にしてしまっては、できる社会人になる機会を逃してしまいます。一から徹底的に教え込むことで、スムーズに、そして自信をもった社会人にいち早く導くことができるのです。

必要となるプログラムは以下の6点。

  • 意識改革
  • 言葉遣い
  • 電話応対
  • ビジネス文書
  • 営業訪問・来客応対
  • コンプライアンス

どれも社会人の基礎になるものばかりで外せません。これらを身に付けるためには、徹底した研修が必要となるのですが、社内で完璧にカバーするのはなかなか難しいと言えます。

企業によっては、OJTで経験とともに身に着けさせるところもあるようですが、人によって教え方や内容が変わってしまうことがよくあります。

そのため自信なく取引先へ対応してしまうことがあり、これでは相手にも失礼ですし、本人も緊張や怖さをいつまでも引きずり、自信のない社会人となってしまう危険性もあります。

新入社員という真っ白なキャンバスの上に、美しい色をのせていくには、やはり専門家による知識や経験は重要となります。

外部研修を積極的に取り入れ、コンプライアンスなど社内でもすすんで研修した方が良いことは上手に組み合わせて行うことが大切なのです。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ