即戦力を育てる新入社員研修とは

SITE MAP

毎年入社する新入社員たち。彼らの教育を効率よく進めるためには、最初の研修が大事です。
効率よく、即戦力となる新入社員を育成するための新入社員研修を行っている会社を調査しました。

優良研修会社ランキングの詳細はこちら

HOME » 研修会社を賢く選ぶには » 研修スタイル

研修スタイル

研修会社を選ぶ際の基準のひとつとして、研修スタイルについてまとめています。

研修スタイルの違い

研修と聞くと、自社の会議室などで行うものをを想像する方も多いかと思いますが、実は以下のようなスタイルに分けられます。

個社別型(インハウス型)

個社別型(インハウス型ともいう)は、自社にマッチしたプログラムで行うスタイルの研修です。このスタイルの良さは、経営課題や企業の風土など、その企業の様々なことを確認し、それを元に、研修の目的を設定します。つまり、企業ごとのニーズに合った最適化されたプログラム内容を組んでくれます。

<メリット>
  • 参加者が社内の人間だけなので、人事担当が気軽に様子を見ることができる
  • 社内の都合に合わせやすい
  • 長期的なスパンで研修を組み立てやすい
<デメリット>
  • 自社内に研修を行う場所・もしくは研修を行う講師を呼ぶ必要がある

集合型

集合型研修とは、さまざまな企業の社員がある会場に足を運び、一緒に研修を受けるスタイルのものを指します。

<メリット>
  • 慣れた場所ではないため、集中して受けられる
  • 自社内の施設を用意する必要がない
  • 一人からでも気軽に参加できる研修もある(複数企業合同)
<デメリット>
  • 移動が大変
  • 社内の雰囲気を活かせない

座学型

講義の方法には、対面型と非対面型があります。そして、対面型には座学・講義型と対話・体験型があります。

対面型

実際に会場に足を運び、実際に講師と対面して行うスタイル全般を指します。

  • 座学
    いわゆる学校の授業のような形式のものを指します。講師と対面して行います。
  • 体験型
    グループワークの形式のものを指します。講師が進行役となり、受講者同士が考えたり話し合ったりして行います。
非対面型

eラーニングと呼ばれる形式のものを指します。パソコンやスマートフォンを利用して受講します。

多くの知識を得ることができる座学は、技術や知識を教え込むには最適ですが、コミュニケーションを円滑にしたり、自立した考えを持たせたい場合は体験型で行われます。

eラーニングは、気軽に受けられる座学と言えます。コストも安いですし、マイペースに学習ができ、ちょっとした時間を有効活用することができます。ただし、自分以外にコントロールできる人がいませんので、自分ではやれないという人には向きません。

合宿型

施設を利用し、数日間合宿を行いながら研修の内容だけに集中した学習する形式の研修を指します。短時間で詰め込むことができますので、効率的であるものの、仕事をその間休まなければいけません。

意識や意欲、責任感といった基礎的なことから、実践できるよう行動力をつけさせるような応用編まで徹底して教え込まれます。

おすすめの研修スタイル

研修には上記のように様々なスタイルがありますので、ニーズに合った方法を選ぶのが一番かと思います。

ただ、何を目的にしているかにもよりますが、インハウス型は自社の経営課題や企業風土など、多くのことを踏まえ、それを元に希望に合った研修にプログラムをカスタマイズしてくれるため、非常に効果的と言えます。

そのため、研修に高い結果を求めたい場合は、インハウス型が最もおすすめです。

おすすめ研修会社ランキング

1位 シェイク

1位 シェイク

プログラム
の柔軟性
S 意識改革
への注力
A
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容が確認できます

2位 インソース

2位 インソース

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
A
導入実績 S 研修
スタイル
B

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

3位 リクルートマネジメントソリューションズ

プログラム
の柔軟性
A 意識改革
への注力
B
導入実績 A 研修
スタイル
A

※画像をクリックすると研修内容を確認できます

新入社員研修に必要なプログラム内容とは
効果的な新入社員研修をしてくれる会社リスト
研修会社を賢く選ぶには
新人研修の種類
新入社員との付き合い方
サイトマップ